「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」を見た

1月22日(日)に放送されたNHK日曜美術館「木村伊兵衛 天然色でパリを撮る」を録画で見た。

写真家木村伊兵衛は、1954~55年に当時日本で開発段階だったカラーフィルムを使い、パリの街を撮影した。司会の千住明と女優の緒川たまきが木村の足跡をたどる。50年前のパリは、カラー写真で見ると、異国の地なのにとても懐かしい気持ちがする。そして、彼が撮影した事物は今日、ほとんど残っていない。

驚くべきことに、試作段階のカラーフィルムはASA10という低感度だ。現在標準の400どころか100でもなく、後者のわずか10分の1だ。単純に言うと、シャッタースピードを普通のフィルムの10分の1にしなければならない。つまり、手ぶれしやすくなる。木村はライカのM3にF1.8の明るいレンズを付け、30分の1秒という遅いシャッタースピードで撮影したそうだ。しかも手持ちである。恐ろしい技術だ。

緒川たまきさんは以前新日曜美術館にレギュラー出演していた。それ以来見かけることがほとんどなく残念に思っていたが、久しぶりに見ることができて嬉しかった。知的で話題豊富なのに、たれ目で、笑顔を絶やさず、雰囲気が柔らかいのである。こんな女性には魅力を感じる。感じたからといって、別にぼくの人生に何か変化があるわけではないが。。。

再放送は1月29日(日)20時から。

http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2012/0122/index.html

コメントを残す