あるアメリカ人女性の死

大学時代、平和活動を通じて知り合った日本在住のアメリカ人女性Mさんが数日前に亡くなりました。ご主人のブログによると、今朝が愛知県内のカトリック教会で告別式とのこと。

英文のニュースレターを作るのに、山ほどの文章を快く添削してくれました。ぼくの英語を鍛えてくれた方の一人だとあらためて思い起こします。とても明るい性格で、クロッグダンスを踊り、また指導もしていました。その後結婚されたご主人は日本人で、大学の先生。その方の文章(英文)を読むと、彼がどれほどMさんを大切に思っていたかが分かります。彼女は家族に、本当にたくさんの幸せを与えていたのだろうと想像します。

7年前に患った乳ガンが昨年再発し、今年それが脳に転移して、手の施しようがない状態になったのだそうです。

Mさんが、信仰する神様のそばで、安らかに過ごされることを願います。

思えば、今年は人の生き死にについて深く考えざるを得ない年でした。春に父が肺ガンにかかり、年を越せないだろうと聞きました。そして秋に父が亡くなりました。お会いしたことのある被爆者の方も3人が亡くなりました。高橋昭博さん、河合護郎さん、そして中沢啓治さん。平和活動を一緒にした山田忠文さん。そして、Mさん。

自分自身がこれからの人生をどう生きるのか、そしてどう死ぬのか。一日一日が悔いのないように生きたいと、あらためて考えています。

コメントを残す