イケメン僧侶、ヘッドハンター、婚外恋愛と不倫

朝日新聞の土曜版「be」。楽しみに読んでいる記事が3つある。
 一つは「結婚未満」。結婚を希望している人を取材している記事。
 今回は男性、37歳の僧侶。住職ではないので、様々な場所で活動している。東日本大震災後に遺体安置所で家族を捜す人々を見続けていたら「私も捜してもらいたい」と思ったという。さて、このお坊さん、記事には書いてないけれど、イケメンらしい。10代から20代半ばまでは年上の女性と何人も恋愛し、ホスピスでは同僚の看護師、教育関係者の女性などと関係をもった。人に多く会う仕事だし、結婚につながる縁もあるのではないか、と楽観的に考えている。
 うーん、どうもね、モテる男性って(多分女性もだけど)いつでもチャンスがあるし、今の女性よりもっといい人が現れるのではないか、と考えて、結婚に踏み切れないのではないか、という気がする。

2個目は「はたらく気持ち」。
 今回は、ヘッドハンターに声をかけられたことをきっかけに、そのヘッドハンティング会社に転職してしまったKさん、38歳、男性。様々な業界のトップクラスの人材と会えることが転職の動機。多くの出会いが自分を成長させると思ったのだという。彼が学んだポイント。
 (1) 本当に優秀な人たちは、難しい内容も素人に短時間で分かりやすく伝える力を持っている
 (2) 何か特別なことではなく、一般的な成功哲学を実践しているだけ
 なるほど。

最後は「悩みのるつぼ」。
 これは連載が始まったときからずっとた楽しみに読んでいるコラムだ。週替わりで人生経験豊富な回答者が読者の悩みに答えるというもの。今回の回答者は、一番好きな社会学者の上野千鶴子さん。
 質問者は19歳の学生さん。「婚外恋愛」は「不倫」の遠回しな言い方で、ごまかしである。一つの関係を清算してから次にとりかかるのが、恋愛のみならず人間関係のルールではないか、という。
 上野さんの答え。彼女は、結婚とは「たった1人の異性に排他的かつ独占的に自分の体を性的に使用する権利を生涯にわたって譲渡すること」と定義している。自分はそんな契約は守れそうもないので、一度も約束しないできた。そもそもセックスの相手をおクニに登録して契約を結ぶ必要なんてない。そうすれば「婚外恋愛」も「不倫」もなくなる。これが根本的な解決だ。
 いつもながら切れ味の鋭い見事な答えである。ぼくの場合はまったく別の理由で事実婚にしているが、おクニに登録する必要などないという点は全く同感だ。そもそも戸籍という家族単位の登録制度は徴兵制を敷くために明治政府が作ったもので、この制度があるのは日本と、過去に日本の植民地だった地域と中国だけである。他の国は住民登録しかない。「入籍」という言葉がやたら流行っているけれど、結婚はしてもいいけど入籍はしたくないな、と自分は思う。あ、結婚(事実婚)してます、念のため。

理不尽について

今日の出来事とは何の関係もないけど、人生というのは、時に非情なまでに理不尽なことがある、と思う。
優しい人は苦しむ。理不尽な配偶者、理不尽な義父母、あるいは病気、あるいは災害のために。自分が傷つけられたのと同じだけ相手を攻撃すれば、相手も傷つくと想像してしまうから。だけど、多くの場合、相手は傷つかない心の持ち主なのだ。
そして、病気。なぜ、こんな心根の優しい人が難病に苦しまなければならないのだろう、と思ってしまう。そんな病気には悪いやつがかかればいいのに。そうはならないのだよね。
苦難に負けない心を得るために、ぼくらは大きな犠牲を払うことがある。苦難も犠牲も人それぞれだけど、共通のしなやかさがそこにある。

カレル・ヴァン・ウォルフレン『日本を追い込む5つの罠』

日本を追い込む5つの罠カレル・ヴァン・ウォルフレンの『日本を追い込む5つの罠』(角川書店)読了。現在の日本と世界の状況を理解するための良書。

 過去には国民皆が豊かで、民主主義のモデルとして世界の憧れの的だったアメリカが、現在は富の40%を人口の1%が独占し、労働者の平均所得は貧困レベルをわずかに上回るに過ぎないという実態。
 信用格付け会社による恣意的な格付けを元に、EU各国政府の返済能力以上の国債を大量に引き受けたヨーロッパの巨大銀行。銀行のビジネス上の失敗が、ギリシャ、スペイン、イタリアなどの政府ひいては国民に押しつけられているという現実。そして、銀行は責任を逃れるだけではなく、貧しい諸国民を犠牲にして救済されているのだ。
 これらは、レーガン、サッチャー以降に欧米の経済イデオロギーが新自由主義に塗り替えられてしまった結果として引き起こされたことだ、という。
 アメリカの軍産複合体は冷戦が終わった後も「敵」を作り続ける必要があり、彼らの利権のために絶えず不必要な戦争が引き起こされている。

 これら、アメリカとヨーロッパに比べると、日本の状況はずっとましだ、と著者は言う。日本の国債はそのほとんどを国内の民間部門が引き受けていることは、その一つの要因だ。また、アメリカの経済と政治を牛耳っているのはヘッジファンドだが、日本の経済をリードしているのは製造業だということも挙げられている。

日本がアメリカとヨーロッパがはまった罠に陥らず、社会を再生していくことを著者が強く希望していることに強い感銘を受けた。

【目次】
・序 アメリカ、EUの危機と日本の”罠”
・第1章 TPPの背後に潜む「権力」の素顔
・第2章 EUを殺した「財政緊縮」という伝染病
・第3章 脱原子力に抵抗する「非公式権力」
・第4章 「国家」なき対米従属に苦しむ沖縄
・第5章 権力への「無関心」という怠慢

自分を好きになること

自分のあるべき姿=「理想像」の方から今の自分の姿を見たら、あれが足りない、これが足りない、と思います。欠点ばかりでいやな気持ちになります。自分が嫌いになるかもしれません。
反対に、もともと何ももっていない状態から見たら、とてもたくさんのものをもっていることに気づきます。

自分の中にあるものは、たとえば、仕事のスキルがあること、趣味があること、たくさん練習してきたこと、料理ができること、試練を乗り越えてきたこと、愛したこと、悲しんだこと、喜んだこと、人を思いやる心、思い出、などです。
自分の周りにあるものは、たとえば、親、配偶者、子ども、友達、同僚、サークル仲間、住む家、仕事、などです。

視点を変えて見れば、自分がいかに多くのものに恵まれているかが分かります。そして、そのうちの大きな部分は、自らの努力だけでなく、他者とのつながりの中で与えられているものです。そのつながりの中で、あなたも他者に与えているものがあります。だから、「お陰様」なのです。

こんな風に考えると、自分のことも、周りのことも、かけがえのない、大切なものに思えてきませんか。

実用書は読まない

今日、買った新書。

1. カン・ヒボン『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の世界』
2. カレン・ヴァン・ウォルフレン『日本を追い込む5つの罠』
3. 中村仁一『大往生したけりゃ医療と関わるな』
4. アルボムッレ・スマラサーナ『これでもう苦しまない』

1と3はタイトルで内容が分かると思いますが、2は経済書、4はスリランカ上座部仏教長老による仏教解説書です。

ぼくはすぐに役立つ実用書は基本的に買いません。小説も滅多に買いません。世界を理解するための視座を提供する本、人間や人生を深く理解するための本を選ぶことが多いです。

平等な夫婦という実験

先日、26回目の結婚記念日を迎えたが、納品前の深夜残業ですっかり忘れていた。しっかし、長いなぁ、26年。結婚したことそのものよりも、これだけ長い間、一緒に暮らしていることの方が不思議な気がする。

当初から、自立した、男女平等の夫婦というものをめざしていたので、ロールモデルになるような先輩はなく、手探りでかたちを作ってきた。家事育児を夫婦が平等に分担するとなると、どうしても押し付け合いが生じ、口論になってしまう。

夕食については、早く帰宅した方が作り、作らなかった方が食器を洗う、というのがうちの不文律となっている。それ以外の家事は気づいた方、というか、我慢できなくなった方がやることが多い。

多分、昔ながらの亭主関白は男にとって居心地の良いものだろうし、役割分担をどうするかなどという面倒なことを考えなくて済む点は女性の側にもメリットがあるのだろうと思う。誰もやらなかったことをやるのは、細かなルールをいちいち考えたり決めたりしなければならないので、手間がかかるし、喧嘩の原因にもなる。

ともあれ、人生なんて、どのみち実験なのだから、これも一つの実験だし、ひょっとしたら他の誰かの役に立つかもしれない。なんてことを考えてみた。

父と母のこと

夫婦がずっと一緒にいるというのは、不思議な巡り合わせだと思う。

父は一本気で、短気な男で、母を紹介される前に2回も離婚している。2回目の離婚の理由は、家族の将来を考えて貯蓄をしようと妻に切り出されたことに腹を立てたのだという。そんな当たり前のことが許せないなんてどうかしていると思うが、まあ仕方ない。若い頃は目元の涼しいハンサムガイだったので、3回も結婚ができたのだろう。ちなみに、ぼくも弟も父にはあまり似ていない。

母は口数が少なく、我慢強く、呑気な田舎の女だ。父は、兄弟で集まって酒を飲むと、決まって「おるげん(うちの)女房は世界一」と言っていたのだと、従姉妹から聞いたことがある。ここで、夫に愛された幸せな妻を想像するのは実は間違っている。ぼくと弟が小さかった頃父ははほとんど家を空けていて、そのことが不満だったと二人で話していた時母から聞いた。口うるさく、亭主関白な父にとっては、おとなしく、我慢強い母は都合が良かったのだ。

22年前の暮れ、母がくも膜下出血で倒れると、父は病院でずっと母に付ききりで看病した。同室の男性患者の妻たちから、母は羨ましがられたという。退院後、体の自由のきかない母は父に甘えるようになったそうだ。元気だった頃にできなかったことを、取り戻そうとしていたのかもしれない。寝たきりの老人を自宅介護するというのは、自分自身老人であった父には体力的に負担が重く、母は特別養護老人ホームに移った。今から15年ほど前のことだ。今は父も別の老人ホームで暮らしている。

父はロシア革命の2年後に生まれているのでもう93歳。3回結婚したが、最後の妻とは添い遂げたと言えるだろう。

ブッダとそのダンマ

B・R・アンベードカル著『ブッダとそのダンマ』を読み終えた。以前から原始仏教には関心があり、中村元の『原始仏典』などいくつかの本を読んだが、本書は山際素男の名訳とあいまって、非常に分かりやすい原始仏教の入門書となっている。普通なら術語を使って記述するところを平易な言葉で書いてあることも大きな要因だ。たとえば、「八正道」は「八つの正しい道」となっている。

アンベードカルの描くブッダの言動で首尾一貫していることは、神、死後の世界、霊魂、輪廻、世界の始まりと終わりなど、不可知な事柄や神秘主義的な事象については一切思索や議論の対象としないという態度である。それらが人間の幸せにとって、害をなすことがあっても益をなすことがないと考えるからだ。

周知の通り、大乗仏教は釈尊の死後数百年経って成立し、ヒンズー教の神々や死後の世界を取り込んでいる。釈尊の説いた原始仏教やその流れを汲む上座部仏教とは性質の異なる宗教である。日本の仏教は釈尊の死後千年以上経って輸入された大乗仏教を基礎としている。したがって、私たちの身近にある仏教は原始仏教の思想から遠く離れたものといえよう。

著者のアンベードカルは、20世紀インドの政治家で、不可触民解放の指導者、インド憲法の起草者であった。ヒンズー教の内部で不可触民解放を闘うことに限界を感じ、自ら仏教に改宗してインド仏教再興の指導者となった。その彼が1956年に没する直前に書き上げたのが本書である。10世紀過ぎのイスラム教侵攻によりインドでは仏教が壊滅させられていた。このため当時インドの仏教徒は20万人しかいなかったが、現在では1億人を超える人々が仏教徒になっているという。

アンベードカルのいうとおり、真に人間性に基づき、人間を解放する宗教は、仏教以外にはないと思う。

『ブッダとそのダンマ』(光文社新書)

イブン=ハルドゥーンというイスラムの知性

先週、森本公誠著『イブン=ハルドゥーン』(講談社学術文庫)を読み終わった。
9・11以降の世界で、アラブ世界はテロリストの巣窟という色眼鏡で見られてきた。しかし、「アラブの春」が示したように、イスラム世界の人々は私たちと同じ価値を共有し、自己変革の能力をもっていることは明白だ。
イブン=ハルドゥーンは、14世紀アラブの思想家。政治家、大臣、最高裁判事、歴史学者、経済学者、社会学者と多くの顔があり、当時としては世界最高峰の知性の持ち主であった。
王朝の勃興、繁栄、衰退、滅亡の仕組みを連帯意識(アサビーヤ)という概念を中心に理論づけた。
王朝の発展に市民の経済活動が不可欠なものであることも熟知し、重税が市民を疲弊させ、減税が経済を活性化させ国庫を潤すことも見抜いていた。
さらに、特筆すべきはあらゆる富の源泉が労働であると唱えていたことだ。これは4世紀後にアダム・スミスが体系化した「労働価値説」の先取りである。
私たちは、あまりにもイスラム世界のことを知らなさすぎる。心を開いて、学ぶべきことがあるのではなかろうか。