ピースチャイルド広島の大同窓会に80人参加

ピースチャイルド広島同窓会1989年に始まり、1995年に終了した、平和をテーマにした国際キャストの子どもミュージカル「ピースチャイルド広島」。キャストは世界の国々と広島・長崎の10代の子どもたち。運営は学生ボランティアによる実行委員会と、演技、音楽、ダンスの指導など専門性をもつ大人たちによるスタッフとで担われました。

ぼくは1989年と1990年、スタッフとしてこの活動に参加しました。もともとイギリスから始まった運動なので、英語の歌がたくさんあり、それを日本語に訳す(というより作り直す)のがぼくの役割でした。

12月29日、国際ホテルで大同窓会が開催され、80人あまりが参加しました。初代の1989年のキャストにとってみれば22年ぶりの再会となります。3時間のパーティーは、キャストと関係者のスピーチを聞いている間にあっという間に終わりました。このときの体験が、その後の人生にポジティブな影響を与えたということが分かり、感慨深かったです。

写真はステージで近況を語る1989年のキャストたち。当時は小中高校生だった子どもたちが、皆さん美しいレディーそしてジェントルマンに成長していて、驚きました。

パーティーの最後は、当時の映像に合わせて「Sing!」の大合唱。22年前にぼくの書いた歌詞を歌ってもらえたのは、とても、とても嬉しかったです。

怒りを胸に、楽天性を保って最大防御を

琉球大学名誉教授・矢ヶ崎克馬さんがメーリングリストに投稿された記事です。
重要な発信をされているのになかなかメディアに載らないので転載させていただきました。

怒りを胸に、楽天性を保って最大防御を(矢ヶ崎克馬)

我々は内部被曝隠蔽の歴史を学ぶ必要があります。

被爆者が内部被曝を隠ぺいされて苦しんできている事実を、事実として学びましょう。
被爆者は原爆にやられ、その上、内部被曝を切り捨てた「被爆者認定基準」によって苦しめられました。被爆者は二重の苦しみを味合わされたのです。原爆症認定集団訴訟はそのことをよく物語っています。第1次集団訴訟の全判決が内容的に内部被曝を認めて原告側が勝訴したことを再認識しましょう。そして今回の原発炉心溶融の事態に、内部被曝隠蔽の歴史を繰り返させてはなりません。内部被曝を否定された被爆者の苦しみを再現してはなりません。

文科省による汚染度の調査データはものすごい値を示しています。3月21日の測定結果は茨城ひたちなか市で最高値を示し、沃素とセシウム合わせて97,000MBq(Mは百万)。これをキュリー数に直すと9.7Ci(1Ci は3.7掛ける10の10乗Bq)。何とチェルノブイリ事故時の炉心周辺の最高汚染度の10分の1程度の値になっています。この値はチェルノブイリ災害の時に日本に降った放射性物質の濃度は0.1Bq/m2程度なので、その10万倍に相当します。福島のデータは無いが、汚染は広範に広がっています。政府はこの事実を数字だけ出して、国民に何の指示も出さないでいるのです。食品の汚染が報道されていますが、空気の汚染も、ものすごいものです。積極的に事実を知らせないで、隠すことが何をもたらすかわかっているのでしょうか?「直ちに・・・」のまやかしの内に国民の被曝被害は拡大していきます。
“怒りを胸に、楽天性を保って最大防御を” の続きを読む

Sing!

♪ シング 世界に人に歌ってほしい
平和と愛が大切だと
ピース のぞみは一つ 平和だけだよ
世界の国に友だちつくろう

Ah ラブ 愛の歌 空を超え届けたら
ピース 平和へのこの思い 伝わるさ

ラブ 愛は教える 歌う喜び
きらめく風に花びらまうよ

ピース みどりの山とかがやく海が
ふるさとなのさ ぼくらの地球

Ah ラブ 愛の歌 空をこえ届けたら
ピース 平和へのこの思い 伝わるさ

おいでよ 輪の中へ
今日から友だち 一緒だよ

おいでよ 輪の中へ
今日から友だち いつまでも ♪

…… これはピースチャイルドという平和をテーマにした国際キャストの子どもミュージカル「ピースチャイルド」で歌われた「シング!」という歌です。イギリス人の David Gordon という音楽家が書いた歌詞をぼくが日本語に訳したものです(歌詞の翻訳というのは限りなく創作に近い活動で、相当な意訳を行なっています)。ピースチャイルドは1980年代にイギリスで始まり、アメリカで成功を治めたプロジェクトです。広島では1989年から1995年にかけて計5回の制作公演が行われ、多くの子どもたちが国境を超えて強い友情で結ばれました。
“Sing!” の続きを読む

1st Kure Tour in English on July 31

Let’s Enjoy Kure (LEC), a volunteer guide group in Kure City, Hiroshima Prefecture, is having the First Kure Tour in English on Saturday, July 31, 2010. It is from 13:10 through 16:00. The charge is 600 Yen, including transportation and admission fee. This tour’s theme is “the History of Kure.” The maximum number of participants would be fifteen.

The tour will visit Maritime Museum (outside only,) Historic View Lookout Point and Irifuneyama Memorial Museum.

This is the kick off event of the volunteer guide group with members full of energy and motivation.

Please look at the handout.

The First Kure Tour in English (PDF)