牛スネ肉と金時豆のシチュー

最近、肉を長時間煮込んでだしを取り、肉を軟らかくする料理がちょっとしたマイブームになっています。

今日作ったのは「牛スネ肉と金時豆のシチュー」。牛スネ肉500gを水から3時間煮込んだスープに、1時間水茹でした金時豆、バターで炒めたニンニク・タマネギ・鷹の爪を合わせてさらに煮込み、塩こしょうで味を調えたものです。緑色はドライパセリです。きれいでしょ? スープに肉のうまみがしっかり溶け込み、普通なら堅いはずのスネ肉も柔らかく仕上がり、おいしくいただきました。豆と合わせているのがヘルシーですよね。(^_^)b

先日は韓国風薬膳鳥雑炊をつくりました。骨付きぶつ切り鶏肉700gを3時間煮込み、鶏は一旦取り出して身をほぐして3分の2をスープに戻し、残りはサラダの材料に。鶏スープにご飯、松の実、ナツメ、クコの実を加えて煮込み、塩こしょうで味を調えます。これに高麗人参が入れば、参鶏湯(サムゲタン)になります、多分。おいしくて、体にいいものを食べてる感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です