イベント「祈りはときをこえて」(8/21)

2006年8月21日(月)午後6時から、広島県民文化センター多目的ホールにて、「祈りはときをこえて」と題したイベントが開催されます。I部は15歳から75歳までの24人による原爆朗読劇、II部はグループ風によるミニコンサートです。主催の「このゆびとまれ」は大阪の方のグループだそうです。

第I部 朗読劇「傷跡を残して」 By このゆびとまれ

第II部 ミニコンサート By グループ風
※メンバー: 榊記彌栄(13弦、17弦)、石丸良道(ケーナ&フルート)、徳武正和(クラシックギター)

と き: 2006年8月21日(月) 開演18:00 (開場17:30)
ところ: 広島県民文化センター 多目的ホール Tel: 082-245-2311
入場料: 無料
主 催: このゆびとまれ
後 援: 広島市、広島県教育委員会、広島市教育委員会、中国新聞社、NHK広島放送局
問合せ: 浜岡さん Tel: 0724-39-0468

ご縁があって、スライド映写のためのパソコン操作をお手伝いすることになりました。

今日(17日)の中国新聞ウェブ版に紹介記事が載っています。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200608170039.html

昨年9月、長崎で公演をされたそうで、長崎新聞ウェブ版に記事があります。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kako/200509/24.html#02

入場無料なので、ご関心のある方はぜひご参加ください。

コメントを残す