Martin Creed 展

広島市現代美術館に行ってきた。今の特別展は「Marin Creed(マーティン・クリード)」、イギリスのアーティストだ。

http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/main/special_exhidition.html

チラシには次のように紹介してある。

マーティン・クリード(1968年生まれ、ロンドン在住)は、1990年代初頭に活動をはじめ、日常とアートが境なく続いていることを、時にユーマルスに、またラディカルなほどシンプルな形体や手法によって表現してきました。2001年にはイギリスで活躍する現代美術家に授与される「ターナー賞」を受賞し、その活動は国際的にも大きな注目を集めています。

彼の作品はほとんどが「これがアート???」と疑問を投げたくなるようなものばかり。「くしゃくしゃに丸めた紙」、「くしゃくしゃに丸めて延ばした紙」、サボテンの鉢を並べたもの、空き箱を積み重ねただけのもの、等々。どう見ても、人をおちょくっとるんじゃないか、と思わざるを得ない。たぶん、おちょくっているのだろう。いや、本人はいたって真面目なのかもしれない。いずれにせよ、笑えるものが多い。こういう日常的なものを使って「非日常的な体験」を生み出すところがアートなのだろう。

7月20日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です