しゃべるしゃべる

これ、NHKの朝ドラ「芋たこなんきん」のある週のタイトルです。ちょうど、ヒロインの町子とかもかのおっちゃんが結婚した週でしたね。二人が夜をしゃべり明かす様子がタイトルになったのでした。その後も、この夫婦がよくしゃべる様子は何度も出てきます。

まあ、ここまではいかなくても、うちの夫婦もよくしゃべる方なのかな、と今日は思いました。

夕食時、2本1500円で買ってきたワインの一方である赤ワインを飲んだのですが、夕食時に3分の2、食後に残り全部、結局二人で全部空にしてしまったのです。

食後に始めた話題が、源氏物語。連れ合いの後輩の先生が、夫に「あさきゆめみし」を読ませて源氏物語談義ができるようにした、というところから始まったんです。で、連れ合いの大学の頃のゼミ合宿とか卒論とか、紫式部と清少納言の立場や性格の違い、橋本治の『窯変源氏物語』が明らかにした政治的人間としての光源氏等々、しゃべり出したら止まりません。パソコンでネットをしていた息子が「誰かこの人を止めてや」と言い出す始末。多分、一時間くらいは、しゃべっていたかな、という気がします。

もっとも、ぼくは時々、相づちを打ったり、コメントをするくらいで、大半は連れ合いの独壇場だったのですが。

ま、これで家庭が丸く収まるのだったら、いいことなんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です