三滝寺で憩う

滝9月2日(土)の午後、どこか安らげる場所に行こうと思い、 心当たりを考えていると、三滝寺のことを思い出しました。

三滝寺は山の上にあるので、普通は自動車で行きます。しかし、車は連れ合いが通勤で乗って出ているのでありません。 「車がないから、ダメかぁ」と心の中でつぶやいたその時、「それはただの思いこみだ」ともう一人の自分が語りかけました。 そう、自転車では行けないなんてただの思いこみ。 気づいたとたん、行くことに決めました。

三滝寺本堂三滝寺までは自転車で約30分の道のりでした。ふもとから寺まではさすがにきつい坂で、相当な運動になりました。

三滝寺は谷の斜面に建てられていて、敷地内に三つの滝があるのがその名前の由来となっています。とても美しい場所で、散策していると心が癒されます。

写真の1枚目は中心となる滝で、手前には茶室のある庭園があります。2枚目は三滝寺の本堂。有名なクリスチャンの建築家が設計したのだそうです。 3枚目は本堂の横の岩壁に並んだ仏像です。日本でよく見られる仏像とは雰囲気が違いますよね。実はベトナム戦争当時、ベトナムやカンボジアからアメリカや カナダに亡命していった僧侶たちが、一時滞在した広島で預けていったものだそうです。

ベトナムの仏像散策後、「空点庵」という和風喫茶でコーヒーを飲み、休憩しました。そうそう、自転車で三滝寺に来れないのは思いこみ、と書きました。空点庵にい ると、外国人(多分アメリカ人)の女性二人が自転車でやってくるのが見えました。同じことを考える人がいるのを見て、嬉しくなりました。

体力的には大変でしたが、贅沢な時間を過ごすことができて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です