ヒモという生き方

ぼくが大学生の頃である。つまり1980年代半ばの話だ。ぼくとは別の平和市民団体のメンバーであるI君という友人がいた。ぼくより学年は下だが年齢は一緒だったと思う。ひょろっと背が高く、銀縁メガネで、ぼさぼさ頭だ。彼と同じ団体にMさんという女性メンバーがいた。ぼくより年上で、色は浅黒いが、目鼻立ちのはっきりした美人である。I君は密かにMさんを慕っていた。

ある日、I君が面白い人がいる、といってX氏を紹介し、3人で場末の安酒屋に飲みに行った。X氏は当時30代と思われ、文学オタクらしい、身なりにあまり頓着しない風だが、よくハンチング帽をかぶっていたように記憶する。X氏がトイレに立った時、I君はぼくに耳打ちし、「彼はヒモなんだ」という。自分は仕事をせず、看護師をしている同居人に食べさせてもらっているのである。そんな男が本当にいるんだと、ぼくは非常に驚いた。

このX氏、本当によくしゃべる。彼は西洋のある詩人について研究をしていた。とにかく「想念」が次から次に湧いてきて、それを紙に記録しなければならないのだ、という。最近、ピコワードという低価格のワープロを入手して、それで想念をタイプしていくのが楽しくてたまらないらしい。

ある日、ぼくとI君の共通の友人で、政党の青年組織のメンバーであるF氏を誘って、X氏と飲むことになった。F氏は小柄だが、プライドが高く、弁の立つ男である。なぜ彼を呼ぶことになったのか、全然覚えていない。ともあれ、4人ともよく飲んだ。勘定の段になり、X氏がここは自分が奢るという。F氏は、見ず知らずの人間に金を出してもらうことはできないと、割り勘を主張する。二人が口論になり、とうとう店の外で、X氏がF氏を眼鏡の上から殴ったのである。今から思えば、ヒモにはヒモなりの見栄があり、F氏はそれをくじこうとしてしまったのだ。後日F氏は、なんであんな奴を紹介したんだ、眼鏡の上から殴るなんてとんでもない奴だ、とぼくを非難した。F氏の左頬にはその時の傷が残っていた。

それからしばらく経ったある日、I君が元気なく、しょぼくれていた。聞くと、X氏はそれまで世話になった同居人と別れ、I君が恋い焦がれるMさんと同居を始めたというのである。I君はMさんにX氏を紹介したことを深く後悔し、嘆いていた。

ぼくは当時、10年も一緒に暮らした女性と簡単に別れることができる、というX氏の神経が理解できなかった。そのことをガールフレンド(後の妻)に話すと、女性の方が疲れていたんじゃないの、という。なるほど、と納得した。女性の方が男を手放したがっていた時に都合よく現れたのがMさんだったということか。憧れの人をヒモに盗られたI君が気の毒だった。あれから長い年月が過ぎ、登場人物の4人ともその後の消息を知らない。

ヘレン・フィッシャー博士によれば、恋愛の寿命は3年前後だ。X氏とIさんがその後も現在までパートナーを続けているという図は想像しにくい。であれば、X氏はどのようにして次の女性に乗り換えただろう。その後も乗り換えはうまく行ったのか、それともどこかで誰にも乗り換えられなくなったのか、ヒモを卒業して職業をもったのか、今は何も分からない。分からくて困ることは何もないが、なぜか今日この事件を思い出してしまったので、書いておくことにした。

チェコの写真家ジョセフ・クーデルカ

プラハの春
プラハの春

今日はチェコスロバキアの写真家ジョセフ・クーデルカ展に行ってきました。会場は東京国立近代美術館です。

1968年、チェコにソ連軍が侵攻した「プラハの春」事件の写真を西側報道機関に提供したことで有名な写真家です。彼は事件をきっかけに故国を離れ、ヨーロッパ各国を転々としながら写真を撮り続けます。代表的なシリーズはチェコ時代から取り始めた「ジプシーズ」、流浪生活の中で出会った風景を写した「エグザイル」です。1984年にパノラマカメラを導入してからの作品群は迫力があります。

彼の写真は、技術的に優れているのはもちろんですが、視線に温かみを感じるのが特徴と思いました。カラーでリアルだったら汚いと思われそうな被写体もアートになっているのが不思議です。
会期は1月13日までです。国立近代美術館のサイトで割引券をゲットすると850円が800円になります。このチケットで常設展も見ることができます。

http://www.momat.go.jp/Honkan/koudelka2013/
http://imaonline.jp/ud/exhibition/520354b96a8d1e35a4000002
http://www.atgetphotography.com/Japan/PhotographersJ/Koudelka.html

自分を受け入れること

最近、自己肯2013-06-15-017定感についてあらためて考える機会がありました。
自己肯定とは自分を愛すること。自分を受け入れ、愛するというのは、慣れないうちは実はとても難しい。なぜなら、ぼくらは競争社会の中で、他者より優れていることが善であると教えられてきているからです。こんなに劣っていて、欠点ばかりの自分をどうやって受け入れればいいのか。

自己肯定感って、あるかないかで語られることが多い気がしますが、実は大きいか小さいか、ではないでしょうか。自己肯定感の大きい人、自己肯定感の小さい人、その間にいろんなレベルの自己肯定感を持っている人がいるのだと思います。だから、自分は自己肯定感をもたないと悲観する必要はありません。小さいだけです。

ぼくが人からどう見えているのかは分かりませんが、仕事のこと、生活のこと、人間関係のことなど、日々多くの不安に苛まれています。劣等感をもっているなんて想像できないかもしれませんが、いろんな劣等感だらけです。いつかボロが出て契約打ち切りにならないだろうか、とかね。

キリスト教、浄土真宗など福音主義の宗教を信じる人は自己肯定感を得やすいのではないかと想像します。なぜなら、大きな存在に無条件に愛されている、悪人も救われる、と教えられているからです。ダメダメな自分でも、誰かに愛してもらっているという感覚があれば、自分を受け入れることが容易になります。

宗教的な拠り所のない人は自分自身で自己肯定感を得るしかありません。では、どうすればよいのでしょうか。

一つとても大事なことがあります。それはものの見方を変えることです。

劣等感だらけの自分は、いつも理想や目標の側から自分を見ています。あんな風にハンサムまたは美人だったら良かったのに、あんなにギターが弾けたらいいのに、スポーツで人を出し抜けたらいいのに、仕事ができてお金も稼げたらいいのに。なんで、自分はそうじゃないの? なんで、あの人だけみんなにちやほやされるの? 自分には足りないものばかりだし、ないものねだりと嫉妬心で頭がおかしくなりそうです。

でもね、人は人、自分は自分。他人と自分を比べるからおかしなことになります。

100人の陸上選手がいて試合をすれば、優勝するのは一人だけ。優勝者は、自分を信じて頑張れば必ず結果はついてくる、きっと夢はかなう、と言います。いえいえ、99人は敗者なのです。夢はかなわなかったのですよ。だからといって、99%の人たちが生きる意味を見失う必要なないはずです。それぞれの生きる意味、それぞれの幸せがあります。「世界に一つだけの花」の中で「もともと特別なオンリーワン」と歌われました。99人も一人一人がオンリーワンなのです。そこからは「オンリーワンになりましょう」などという変な言葉は生まれてきません。

自分を受け入れることができれば、幸せは付いてきます。では、どうやって?

まず、目標の側から自分を見ることをやめることです。反対に、自分はいつも目標に向かって成長できる存在なのだと考えましょう。目標を目指す自分は、いつも出発点にいます。何も欠点はありません。たった一歩前に進むだけで進歩なのです。これからどう成長しようかと考え、ワクワクします。

次に、自分がもっているものを心の中で褒めましょう。子どもの頃の楽しい思い出、徒競走ではびりでもマラソン大会では先頭から3分の2くらいになったこと、仕事には遅刻してもデートには遅れずに行ったこと、得意料理を喜ばれたこと、電車の中でお年寄りに声をかけられることなど、できるだけたくさん。ないものねだりをする必要はないのです。自分の中にこんなに素敵なことがすでにあるのだから。

そして、つながりのある人たちに、心の中で感謝しましょう。自分を生み育ててくれた人たち、遊んでくれた友達、勉強やスポーツを教えてくれた人たち、愛してくれた恋人や配偶者、ともに理想を語り合った仲間。感謝の気持ちは、あなたを優しさで満たします。

自分のことが、これまでよりも好きに思えてきませんか。少しだけ幸せな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

浮世絵の歴史が分かる特別展

浮世絵展絵はがき
浮世絵展絵はがき

先日、広島県立美術館で開催中の特別展「写楽、北斎、広重 参上。 平木コレクション特別公開! 浮世絵の美」を見に行きました。浮世絵18世紀に誕生した浮世絵が時代が進むにつれてどのように変化していったかが分かる充実した展示内容です。

初期の作品は人物の細かい表情が分からず、現代の感覚からすると退屈な感じがしますが、黄金期には鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽など個性的で新鮮な表現が登場します。幕末に近い爛熟期には葛飾北斎や歌川広重が活躍します。また、大判彩色版画を3枚つないで横長にした大判三枚続と呼ばれる大型作品も登場します。

初期の頃は人物が中心で画面も平坦な表現が多いですが、後期になると風景画が登場し、遠近法を取り入れた奥行きのある表現になります。

このコレクションでは広重の作品が充実しており、37作品(前期)が紹介されています。中でも素晴らしかったのは「江戸近郊八景」シリーズ、4作品が展示されていましたが、空気感まで表す細密な描写を見せています。素敵でした。

写真の絵はがきは、左上から時計回りに、東洲斎写楽、喜多川歌麿、鳥居清長、葛飾北斎2枚です。

会期は1月14日までです。展示替えが行われ、現在は後期の展示になっています。
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/special/index.php?id=83&mode=detail

 

あるアメリカ人女性の死

大学時代、平和活動を通じて知り合った日本在住のアメリカ人女性Mさんが数日前に亡くなりました。ご主人のブログによると、今朝が愛知県内のカトリック教会で告別式とのこと。

英文のニュースレターを作るのに、山ほどの文章を快く添削してくれました。ぼくの英語を鍛えてくれた方の一人だとあらためて思い起こします。とても明るい性格で、クロッグダンスを踊り、また指導もしていました。その後結婚されたご主人は日本人で、大学の先生。その方の文章(英文)を読むと、彼がどれほどMさんを大切に思っていたかが分かります。彼女は家族に、本当にたくさんの幸せを与えていたのだろうと想像します。

7年前に患った乳ガンが昨年再発し、今年それが脳に転移して、手の施しようがない状態になったのだそうです。

Mさんが、信仰する神様のそばで、安らかに過ごされることを願います。

思えば、今年は人の生き死にについて深く考えざるを得ない年でした。春に父が肺ガンにかかり、年を越せないだろうと聞きました。そして秋に父が亡くなりました。お会いしたことのある被爆者の方も3人が亡くなりました。高橋昭博さん、河合護郎さん、そして中沢啓治さん。平和活動を一緒にした山田忠文さん。そして、Mさん。

自分自身がこれからの人生をどう生きるのか、そしてどう死ぬのか。一日一日が悔いのないように生きたいと、あらためて考えています。