パキスタンで「はだしのゲン」

NHK「おはよう日本」のアジア&ワールドで、ウルドゥー語劇「はだしのゲン」のパキスタン公演が取り上げられていました。東京外大の学生たちが、パキスタン政府の協力を得て実現したものだそうです。

10回の公演で延べ4000人の観客が劇を見たとのこと。現地のメディアにも大きく報道されたということでした。

核保有国でこのような取り組みが行われることに大きな意義を感じます。広島に住む人間として嬉しく思います。

この公演のことが紹介されているページです。

「ヒロシマの物語(はだしのゲン)」パキスタン公演
http://www.tufs.ac.jp/common/fs-pg/portal/doc/urdu2006.html

「はだしのゲン」パキスタン公演 趣意書
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/gogeki/kaigai.html

パキスタンで「はだしのゲン」上演へ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/14329/

「はだしのゲン」を公演 パキスタン南部カラチ
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20060908010024631.asp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です