被爆者にそのことを聞きますか?

この記事はTwitterの投稿に対するコメントとして書きましたが、その後投稿者ご本人とメッセージのやりとりをする中で私の誤解があったことが分かりました。私の拙速な対応をお詫びします。

今日、あるツイートを読んで、驚いた。ニューヨーク在住の日本人の方が書かれたものだ。
『米国人友人が被爆者たちに2時間にも及ぶ取材を行ったのだけど、被爆体験と共に質問されたこと。「日本は被爆国なのに、原子力発電所を58基ありますね。どうして作ったですか?」なぜ?』

日本に原子力発電所を作った責任が、まるで被爆者にあるかのような問いかけである。被爆者にそれを聞くのはあまりにも酷ではなかろうか。理由や論点はいくつもある。

  1. 原発政策を推進したのは日本政府、電力会社、関連企業であって、被爆者ではない。
  2. 被爆者は原爆症を抱えて病弱な人が多く、経済的にも、政治的にも弱者であった。
  3. 1979年のスリーマイル島事故まで、日本では一般に原子力の平和利用は安全と考えられていた。被爆者も同様。
  4. 国民一般で、保守対革新では保守が多かったように、被爆者も保守の人が多かった。
  5. 被爆者援護と核兵器廃絶の運動だけでもなかなか前進しないのに、それ以外の運動に取り組む余力はなかった。
  6. 日本人が原発立地を許してきたように、アメリカ人も許してきたのではないか。
  7. アメリカでは核実験で多くの深刻な被曝者を生み出してきたが、彼らが核兵器の生産や実験を止めることができたのか?
  8. つまり、最初の問いを発する資格が当のアメリカ人にあるのだろうか?

海外でボランティアしませんか?~NAC(ナック) が草の根平和大使を募集

アメリカに3カ月間滞在して日本の文化と原爆被爆体験をアメリカの若者たちに伝えるネバーアゲインキャンペーン(略称NAC・ナック)が第10期生のボランティアを募集しています。今年8月に広島と長崎で研修をつみ、トレーニングを経て、2011年にボランティアとして派遣されます。応募締切は3月5日です。

海外でボランティアしませんか?~NAC(ナック) が草の根平和大使を募集

日本の文化と原爆被爆の体験をアメリカの若者達に語り伝える、ネバーアゲインキャンペーン(略称NAC・ナック)が創設25周年を迎え、今春、第10期生のボランティアを募集します。

同キャンペーンは、アメリカ、マサチューセッツ州で教鞭を執るドナルド・レイスロップ教授(平和学)らが、1985年に提唱したもので、3ヶ月にわたり、アメリカ各地の学校や教会などで、日本文化紹介を兼ねた、原爆映画の上映会を行います。渡航費や保険料等は自己負担ですが、現地の受け入れボランティアらが食事及び住居を提供します。
“海外でボランティアしませんか?~NAC(ナック) が草の根平和大使を募集” の続きを読む

湯崎稔先生と湯崎秀彦氏

広島県の県知事選で初当選した湯崎秀彦氏(44)が、広島大学総合科学部の元教授で53歳で夭折された湯崎稔先生の息子さんだと知ったのは、今日の夜、朝日新聞の広島版を読んだ時だった。しかも、その記事を最初に見つけたのは妻だった。大学時代、身近にいらした先生の息子さんだと知り、一挙に親近感が増した。お会いする機会はないだろうけど (^_^;)

湯崎先生のことについては、愛弟子であった児玉克哉さん(三重大学人文学部教授)のブログに詳しいのでぜひ読んでほしい。

湯崎先生は、もともとは家族社会学の専門家。家族の絆、社会の絆に焦点を当て、その社会における役割を研究されていました。湯崎先生は、広島大学の原爆放射能医学研究所(原医研)に勤め、社会学の立場から被爆者問題の研究に携わりました。なんといっても、湯崎教授の業績の筆頭は、爆心地復元運動です。 NHKとも共同して、原爆で完全に破壊された爆心地に誰が住んでいて、何をしていたのかを復元するという大プロジェクトです。
湯崎稔教授のメッセージより

そもそも、児玉さんはぼくを市民平和活動の世界に引っ張り込んだ張本人でもある。大学1年生だったぼくは、10フィート若者の会という平和運動グループに参加した。そこには、リーダーである児玉さんをはじめ、多くの面白い青年男女が集っていた。そのグループは後に、南北ネットワーク運動・広島となり、平和交流を進めるヒロシマ若者の会に継承された。ぼくは児玉さんの修了後に進学したのだが、同じ地域研究研究科の先輩・後輩の関係でもある。

忘れてはならないのが、ぼくが大学2年の時、後に平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) 代表となる小倉桂子さんにぼくを引き合わせたのも児玉さんだった。その後、小倉さんとはいくつかのプロジェクトを一緒に行い、1984年にはHIPを結成することになるのだ。そして、HIPの活動はずっと続き、今年創立25周年を迎えることになった。

ん~~~、児玉さんて、ぼくの人生のスロットマシンのレバーを引いた人のような気がしてきた。

あれ、最初のテーマとずれましたね。許してください (^_^;)

オバマジョリティーの奔流

2009年8月6日の午前10時から正午、被爆から64年目の原爆の日を迎えたヒロシマで、平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) は「英語による被爆証言会」を開催した。HIPのメンバーである5人の被爆者が自らの被爆体験を外国人のために直接英語で語った。平和記念資料館地下にある定員150人の第一会議室は、休憩時間に参加者が入れ替わったことも手伝って、200人近い参加者で溢れた。しかも、そのほとんどが外国人だ。

2007年、2008年とこの取り組みを続けてきて、今年が3回目になるが、今年の参加者数が最も多かった。私たちが積極的に広報・宣伝を行っているわけではない。広島市が平和記念式典で外国人向けに配布する書類一式の中にこの催しのチラシが同封されているだけだ。それでも、会場がこのような熱気に溢れたことは、核兵器廃絶を求める世界中の人々の思いが広島の地に集まってきたことを意味する。

“オバマジョリティーの奔流” の続きを読む

被爆証言は国籍を問わず胸を打つ

8月4日に続き、8月6日10~12時、広島平和資料館で英語による被爆証言の会を開催しました。プログラムは同じく、平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP)会員の被爆者である荒谷勲さん、平井昭三さん、小倉桂子さんが被爆体験を語り、質疑を受けるというものでした。平和記念式典の直後に行われたこともあり、会場は満員。おそらく130~140人の参加者があったと思います。うち8割は外国人でした。

司会をしていて感じるのは、参加者の胸に被爆者のメッセージが強く深く響いているということ。辛いことだけど目をそらしてはいけない、という真剣なまなざしが証言者に注がれていました。涙ぐんでいる人もいました。ヒロシマの心は国籍を問わず届くのです。

感想用紙からいくつかのメッセージを紹介したいと思います。

(1) Very moving. So sad they are reluctant to tell their story for fear of discrimination. That never occured to me. I am an American HIBAKUSHA from 928 nuclear tests in Nevada. I had cancer and other diseases so did my friend and family. But we never felt discrimination. This is so sad to be victimized by the hatred bomb – an immoral terrorist act by US government – Then to be victimized by your own society.

(1) 大変感動しました。被爆者が差別を恐れて事実を話せなかったということを悲しく思います。私がそれを経験しなかったからです。私はネバダ州で行われた928回の核実験によるヒバクシャです。私や私の友人や家族は、癌やその他の病気を経験しました。しかし、差別を感じたことはありませんでした。アメリカ政府による非倫理的なテロ行為という憎しみの爆弾によって犠牲となり、さらに自分自身の属する社会によって犠牲になったことを大変悲しく思います。
“被爆証言は国籍を問わず胸を打つ” の続きを読む