核文明に滅びるわけにはいかない-湯浅一郎

ピースデポ代表で、元ピースリンク広島・呉・岩国世話人の湯浅一郎さんが韓国の市民団体に送られたメッセージを転載します。

核文明への警鐘 / 東日本大震災・福島第1原発事故 ~核文明に滅びるわけにはいかない~

湯浅一郎(ピースデポ代表)

韓国の皆さまが、日本での災害に想いをはせ、支援活動を始めることを知り、心から感謝し、お礼いたします。本当にありがとうございます。

 2011年3月11日、私たちは、未曽有の経験をしました。午後2時45分頃、東北地方の宮城県沖130kmの海底24kmを震源としてマグニチュード9の大地震が発生しました。断層面は、東西200km、南北500kmに渡り、大津波が多くの市民の生命と生活の場を奪いました。津波の被災地では、広島・長崎の被災跡かと思わんばかりの光景が、海辺のいくつもの町に広がりました。今日現在、死亡・行方不明者は計約2万7千人、避難所などにいる方は約25万人に及び、救援活動が必至に続けられています。

 今回の地震災害に関わって最も深刻なことは、東京電力福島第1原発で、原子炉内での燃料棒の一部溶融、水素爆発、使用済み核燃料保管プール発熱など、冷却に関わる事故が相次ぎ、原発で最悪の事故と言われる炉心溶融の寸前まで行き、相当量の放射性物質が環境中に放出され、今も終息していないことです。
“核文明に滅びるわけにはいかない-湯浅一郎” の続きを読む

怒りを胸に、楽天性を保って最大防御を

琉球大学名誉教授・矢ヶ崎克馬さんがメーリングリストに投稿された記事です。
重要な発信をされているのになかなかメディアに載らないので転載させていただきました。

怒りを胸に、楽天性を保って最大防御を(矢ヶ崎克馬)

我々は内部被曝隠蔽の歴史を学ぶ必要があります。

被爆者が内部被曝を隠ぺいされて苦しんできている事実を、事実として学びましょう。
被爆者は原爆にやられ、その上、内部被曝を切り捨てた「被爆者認定基準」によって苦しめられました。被爆者は二重の苦しみを味合わされたのです。原爆症認定集団訴訟はそのことをよく物語っています。第1次集団訴訟の全判決が内容的に内部被曝を認めて原告側が勝訴したことを再認識しましょう。そして今回の原発炉心溶融の事態に、内部被曝隠蔽の歴史を繰り返させてはなりません。内部被曝を否定された被爆者の苦しみを再現してはなりません。

文科省による汚染度の調査データはものすごい値を示しています。3月21日の測定結果は茨城ひたちなか市で最高値を示し、沃素とセシウム合わせて97,000MBq(Mは百万)。これをキュリー数に直すと9.7Ci(1Ci は3.7掛ける10の10乗Bq)。何とチェルノブイリ事故時の炉心周辺の最高汚染度の10分の1程度の値になっています。この値はチェルノブイリ災害の時に日本に降った放射性物質の濃度は0.1Bq/m2程度なので、その10万倍に相当します。福島のデータは無いが、汚染は広範に広がっています。政府はこの事実を数字だけ出して、国民に何の指示も出さないでいるのです。食品の汚染が報道されていますが、空気の汚染も、ものすごいものです。積極的に事実を知らせないで、隠すことが何をもたらすかわかっているのでしょうか?「直ちに・・・」のまやかしの内に国民の被曝被害は拡大していきます。
“怒りを胸に、楽天性を保って最大防御を” の続きを読む

被爆者にそのことを聞きますか?

この記事はTwitterの投稿に対するコメントとして書きましたが、その後投稿者ご本人とメッセージのやりとりをする中で私の誤解があったことが分かりました。私の拙速な対応をお詫びします。

今日、あるツイートを読んで、驚いた。ニューヨーク在住の日本人の方が書かれたものだ。
『米国人友人が被爆者たちに2時間にも及ぶ取材を行ったのだけど、被爆体験と共に質問されたこと。「日本は被爆国なのに、原子力発電所を58基ありますね。どうして作ったですか?」なぜ?』

日本に原子力発電所を作った責任が、まるで被爆者にあるかのような問いかけである。被爆者にそれを聞くのはあまりにも酷ではなかろうか。理由や論点はいくつもある。

  1. 原発政策を推進したのは日本政府、電力会社、関連企業であって、被爆者ではない。
  2. 被爆者は原爆症を抱えて病弱な人が多く、経済的にも、政治的にも弱者であった。
  3. 1979年のスリーマイル島事故まで、日本では一般に原子力の平和利用は安全と考えられていた。被爆者も同様。
  4. 国民一般で、保守対革新では保守が多かったように、被爆者も保守の人が多かった。
  5. 被爆者援護と核兵器廃絶の運動だけでもなかなか前進しないのに、それ以外の運動に取り組む余力はなかった。
  6. 日本人が原発立地を許してきたように、アメリカ人も許してきたのではないか。
  7. アメリカでは核実験で多くの深刻な被曝者を生み出してきたが、彼らが核兵器の生産や実験を止めることができたのか?
  8. つまり、最初の問いを発する資格が当のアメリカ人にあるのだろうか?

Sing!

♪ シング 世界に人に歌ってほしい
平和と愛が大切だと
ピース のぞみは一つ 平和だけだよ
世界の国に友だちつくろう

Ah ラブ 愛の歌 空を超え届けたら
ピース 平和へのこの思い 伝わるさ

ラブ 愛は教える 歌う喜び
きらめく風に花びらまうよ

ピース みどりの山とかがやく海が
ふるさとなのさ ぼくらの地球

Ah ラブ 愛の歌 空をこえ届けたら
ピース 平和へのこの思い 伝わるさ

おいでよ 輪の中へ
今日から友だち 一緒だよ

おいでよ 輪の中へ
今日から友だち いつまでも ♪

…… これはピースチャイルドという平和をテーマにした国際キャストの子どもミュージカル「ピースチャイルド」で歌われた「シング!」という歌です。イギリス人の David Gordon という音楽家が書いた歌詞をぼくが日本語に訳したものです(歌詞の翻訳というのは限りなく創作に近い活動で、相当な意訳を行なっています)。ピースチャイルドは1980年代にイギリスで始まり、アメリカで成功を治めたプロジェクトです。広島では1989年から1995年にかけて計5回の制作公演が行われ、多くの子どもたちが国境を超えて強い友情で結ばれました。
“Sing!” の続きを読む