豊永恵三郎さんと在外被爆者支援活動

豊永恵三郎さん6月16日(土)、平和のためのヒロシマ通訳者グループ(HIP)の例会でした。講師は被爆者で韓国の原爆被害者を支援する会・広島支部代表の豊永恵三郎さん。1971年から韓国在住の被爆者の支援活動に取り組んでこられました。
まず、この問題に関心をもったきっかけです。小中学校時代、周囲に韓国朝鮮人の生徒が多かったそうです。また、教員になってからクラスに多くの韓国朝鮮人生徒がいて、彼らのほぼ全員が本名ではなく通名で通っていることを知り、在日朝鮮・韓国人差別をなくす活動を同和教育の中で取り組むようになったそうです。
1971年、このような活動が評価され、韓国政府から9人の日本人教員が招請された時、日程が空いていた日に韓国原爆被爆者援護協会を訪問したそうです。軍事政権の下、社会運動が許されるような状況ではない韓国で、被爆者たちは細々と活動していたということです。彼らは、日本の被爆者が得ていたような医療費無料化や健康管理手当などの援護を全くもっていないのでした。
帰国後、大阪で結成された韓国の原爆被害者を支援する会の広島支部を立ち上げ、数多くの在韓・在米・在ブラジル被爆者の訴訟を支援してこられました。こうした在外被爆者は、最初全く援護を受けられませんでした。 しかし、これらの裁判を通じて、次のように一歩ずつ権利を勝ち取って来たのです。

・被爆者手帳の日本国内での申請・交付
・被爆者手帳が国外に出ても有効になった
・被爆者手帳を居住国からの申請
・各種健康手当の居住国での受け取り
・各種健康手当の居住国からの申請
等々

地道な取り組みを、息長く続けてこられた豊永さんに拍手を送りたいと思います。

被爆者沼田鈴子さんをモデルにした映画

昨年亡くなった被爆証言者沼田鈴子さんをモデルにした映画製作の動きを伝える、4月18日付の中国新聞記事です。中心人物の中村里美さんは二十数年前からの友人です。全文を引用します。

《平和記念公園の被爆アオギリの下で証言を続け、昨年7月に87歳で亡くなっ沼田鈴子さんモデルに映画た沼田鈴子さんをモデルにした映画の製作準備が進んでいる。進行のあった関係者たちが企画。平和の尊さを訴え続けた沼田さんの医師を受け継ぐ。
タイトルは「アオギリにたくして」。沼田さんと二十数年前からの知人のシンガー・ソングライター中村里美さん(48)=東京都町田市=が映画化を仲間に呼びかけた。中村さんは同名の曲を作り、自らのライブで沼田さんの体験を語っている。
沼田さんは原爆で崩壊した建物の下敷きになり左足を失った。惨禍を生き抜いたアオギリの姿に希望を見つけ、証言活動に取り入れた。被爆アオギリ2世、3世を世界に送る運動にも力を注いだ。沼田さんは亡くなる直前まで「生きて伝えなくちゃ」と自らを奮い立たせていたという。中村さんは、沼田さんをモデルに平和を願い続ける被爆者の姿を描く。
映画監督の市川徹さん(63)=横浜市=が中村さんの趣旨に共鳴し、監督を引き受けた。今月初めに製作委員会を結成した。脚本の内容やキャストの選考を進め、来年夏の全国上映を目指す。
「被爆者の高齢化が進み、体験のない世代が伝えていく使命がある。若い人に見てほしい」と中村さん。市川さんは「絶望にあっても、再び立ち上がることができる人間の姿を描きたい」と話している。(野田華奈子)》

 

国重昌弘さんの被爆体験

今日は、仕事の合間を縫って、HIPの例会で司会を担当しました。

ゲストスピーカーは、被爆者の国重昌弘さん。被爆当時は広島県立第二中学校2年生の14歳。HIPスタッフの荒谷さんと同級生でした。

国重昌弘さん
8月6日の朝、二中2年生全6クラスは広島駅北側の東練兵場で、サツマイモ畑の草取り作業に動員されていました。整列して先生の指示を聞いているとき、米軍の爆撃機B29が落とした2~3個のキラキラしたものを見ていたと思ったら気を失ったそうです。原爆の熱線に焼かれ、爆風に吹き飛ばされたものと思われます。

上半身裸で顔と腕にひどい火傷を負った国重さんはすぐに動くことができず、午後2時頃になってやっと仲間4人と一緒に牛田、三滝方面を通って西広島駅まで歩いて避難したとのこと。たまたま重傷者を乗せたトラックを見つけ、こっそり乗り込んで、自宅のある廿日市で飛び降りたそうです。

午後6時頃自宅に帰り着き、両親の顔を見たとたん、安心して涙が溢れました。両親はすぐに昌弘さんの火傷の手当を始めました。手当といっても手荒なもので、お母さんが昌弘さんを押さえつけ、お父さんがピンセットで顔や腕の火傷した皮膚を全部はぎ取るというものでした。麻酔があるわけでもなく、痛くて泣き叫びました。それから毎日、1日5回、ベビーパウダーとひまし油を混ぜた薬を火傷の傷口に塗ってもらう治療を続け、40~50日後に回復したということでした。しかし、この手荒な治療のおかげで、顔に火傷の跡は残らず、きれいな肌をされています。なお、避難時に市内を通らず、黒い雨にも当たらなかったので、放射線被曝が少なかったと思われ、そのおかげで現在まで健康に暮らしているということです。

荒谷さんがおっしゃるには、国重さんは真面目で早く東練兵場に着き、衣服を脱いで準備を整えていたためにひどい火傷を負ったが、自分は時間ぎりぎりに着いて着衣のままだったので火傷が軽くて済んだのだそうです。

同じ場所、同じ時間に被爆しても、これだけ被害に違いがあることを思うと、被爆体験はいくら聞いても全てを知ったことにはならないのだと、あらためて気づかされます。

イギリスで核問題フェスティバル

イギリスの劇団トライシクル・シアター(三輪車劇場)が、2012年2月9日から4月1日まで、核問題フェスティバルを開催する。内容は、核爆弾に関する芝居、映画祭、トークショー、討論会、展示会というもの。

芝居のタイトルは「ザ・ボム(爆弾)」。第一部「最初の爆発ー拡散(5つの短い芝居)」、第二部「現在の危険(5つの短い芝居)」とから構成される。

上映される映画はアニメ「はだしのゲン」、「博士の異常な愛情」、「二十四時間の情事(ヒロシマ・モナムール)」、「アトミック・カフェ」など12作品。

たまたま、HIPに送られてきたE-mailでこのイベントについて初めて知ったのだが、核兵器の問題に正面から取り組む文化的な企画がイギリスで取り組まれることが興味深い。

http://www.tricycle.co.uk/festivals/the-tricycle-goes-nuclear/

核文明に滅びるわけにはいかない-湯浅一郎

ピースデポ代表で、元ピースリンク広島・呉・岩国世話人の湯浅一郎さんが韓国の市民団体に送られたメッセージを転載します。

核文明への警鐘 / 東日本大震災・福島第1原発事故 ~核文明に滅びるわけにはいかない~

湯浅一郎(ピースデポ代表)

韓国の皆さまが、日本での災害に想いをはせ、支援活動を始めることを知り、心から感謝し、お礼いたします。本当にありがとうございます。

 2011年3月11日、私たちは、未曽有の経験をしました。午後2時45分頃、東北地方の宮城県沖130kmの海底24kmを震源としてマグニチュード9の大地震が発生しました。断層面は、東西200km、南北500kmに渡り、大津波が多くの市民の生命と生活の場を奪いました。津波の被災地では、広島・長崎の被災跡かと思わんばかりの光景が、海辺のいくつもの町に広がりました。今日現在、死亡・行方不明者は計約2万7千人、避難所などにいる方は約25万人に及び、救援活動が必至に続けられています。

 今回の地震災害に関わって最も深刻なことは、東京電力福島第1原発で、原子炉内での燃料棒の一部溶融、水素爆発、使用済み核燃料保管プール発熱など、冷却に関わる事故が相次ぎ、原発で最悪の事故と言われる炉心溶融の寸前まで行き、相当量の放射性物質が環境中に放出され、今も終息していないことです。
続きを読む

被爆者にそのことを聞きますか?

この記事はTwitterの投稿に対するコメントとして書きましたが、その後投稿者ご本人とメッセージのやりとりをする中で私の誤解があったことが分かりました。私の拙速な対応をお詫びします。

今日、あるツイートを読んで、驚いた。ニューヨーク在住の日本人の方が書かれたものだ。
『米国人友人が被爆者たちに2時間にも及ぶ取材を行ったのだけど、被爆体験と共に質問されたこと。「日本は被爆国なのに、原子力発電所を58基ありますね。どうして作ったですか?」なぜ?』

日本に原子力発電所を作った責任が、まるで被爆者にあるかのような問いかけである。被爆者にそれを聞くのはあまりにも酷ではなかろうか。理由や論点はいくつもある。

  1. 原発政策を推進したのは日本政府、電力会社、関連企業であって、被爆者ではない。
  2. 被爆者は原爆症を抱えて病弱な人が多く、経済的にも、政治的にも弱者であった。
  3. 1979年のスリーマイル島事故まで、日本では一般に原子力の平和利用は安全と考えられていた。被爆者も同様。
  4. 国民一般で、保守対革新では保守が多かったように、被爆者も保守の人が多かった。
  5. 被爆者援護と核兵器廃絶の運動だけでもなかなか前進しないのに、それ以外の運動に取り組む余力はなかった。
  6. 日本人が原発立地を許してきたように、アメリカ人も許してきたのではないか。
  7. アメリカでは核実験で多くの深刻な被曝者を生み出してきたが、彼らが核兵器の生産や実験を止めることができたのか?
  8. つまり、最初の問いを発する資格が当のアメリカ人にあるのだろうか?

海外でボランティアしませんか?~NAC(ナック) が草の根平和大使を募集

アメリカに3カ月間滞在して日本の文化と原爆被爆体験をアメリカの若者たちに伝えるネバーアゲインキャンペーン(略称NAC・ナック)が第10期生のボランティアを募集しています。今年8月に広島と長崎で研修をつみ、トレーニングを経て、2011年にボランティアとして派遣されます。応募締切は3月5日です。

海外でボランティアしませんか?~NAC(ナック) が草の根平和大使を募集

日本の文化と原爆被爆の体験をアメリカの若者達に語り伝える、ネバーアゲインキャンペーン(略称NAC・ナック)が創設25周年を迎え、今春、第10期生のボランティアを募集します。

同キャンペーンは、アメリカ、マサチューセッツ州で教鞭を執るドナルド・レイスロップ教授(平和学)らが、1985年に提唱したもので、3ヶ月にわたり、アメリカ各地の学校や教会などで、日本文化紹介を兼ねた、原爆映画の上映会を行います。渡航費や保険料等は自己負担ですが、現地の受け入れボランティアらが食事及び住居を提供します。
続きを読む

湯崎稔先生と湯崎秀彦氏

広島県の県知事選で初当選した湯崎秀彦氏(44)が、広島大学総合科学部の元教授で53歳で夭折された湯崎稔先生の息子さんだと知ったのは、今日の夜、朝日新聞の広島版を読んだ時だった。しかも、その記事を最初に見つけたのは妻だった。大学時代、身近にいらした先生の息子さんだと知り、一挙に親近感が増した。お会いする機会はないだろうけど (^_^;)

湯崎先生のことについては、愛弟子であった児玉克哉さん(三重大学人文学部教授)のブログに詳しいのでぜひ読んでほしい。

湯崎先生は、もともとは家族社会学の専門家。家族の絆、社会の絆に焦点を当て、その社会における役割を研究されていました。湯崎先生は、広島大学の原爆放射能医学研究所(原医研)に勤め、社会学の立場から被爆者問題の研究に携わりました。なんといっても、湯崎教授の業績の筆頭は、爆心地復元運動です。 NHKとも共同して、原爆で完全に破壊された爆心地に誰が住んでいて、何をしていたのかを復元するという大プロジェクトです。
湯崎稔教授のメッセージより

そもそも、児玉さんはぼくを市民平和活動の世界に引っ張り込んだ張本人でもある。大学1年生だったぼくは、10フィート若者の会という平和運動グループに参加した。そこには、リーダーである児玉さんをはじめ、多くの面白い青年男女が集っていた。そのグループは後に、南北ネットワーク運動・広島となり、平和交流を進めるヒロシマ若者の会に継承された。ぼくは児玉さんの修了後に進学したのだが、同じ地域研究研究科の先輩・後輩の関係でもある。

忘れてはならないのが、ぼくが大学2年の時、後に平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) 代表となる小倉桂子さんにぼくを引き合わせたのも児玉さんだった。その後、小倉さんとはいくつかのプロジェクトを一緒に行い、1984年にはHIPを結成することになるのだ。そして、HIPの活動はずっと続き、今年創立25周年を迎えることになった。

ん~~~、児玉さんて、ぼくの人生のスロットマシンのレバーを引いた人のような気がしてきた。

あれ、最初のテーマとずれましたね。許してください (^_^;)

オバマジョリティーの奔流

2009年8月6日の午前10時から正午、被爆から64年目の原爆の日を迎えたヒロシマで、平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP) は「英語による被爆証言会」を開催した。HIPのメンバーである5人の被爆者が自らの被爆体験を外国人のために直接英語で語った。平和記念資料館地下にある定員150人の第一会議室は、休憩時間に参加者が入れ替わったことも手伝って、200人近い参加者で溢れた。しかも、そのほとんどが外国人だ。

2007年、2008年とこの取り組みを続けてきて、今年が3回目になるが、今年の参加者数が最も多かった。私たちが積極的に広報・宣伝を行っているわけではない。広島市が平和記念式典で外国人向けに配布する書類一式の中にこの催しのチラシが同封されているだけだ。それでも、会場がこのような熱気に溢れたことは、核兵器廃絶を求める世界中の人々の思いが広島の地に集まってきたことを意味する。

続きを読む

被爆証言は国籍を問わず胸を打つ

8月4日に続き、8月6日10~12時、広島平和資料館で英語による被爆証言の会を開催しました。プログラムは同じく、平和のためのヒロシマ通訳者グループ (HIP)会員の被爆者である荒谷勲さん、平井昭三さん、小倉桂子さんが被爆体験を語り、質疑を受けるというものでした。平和記念式典の直後に行われたこともあり、会場は満員。おそらく130~140人の参加者があったと思います。うち8割は外国人でした。

司会をしていて感じるのは、参加者の胸に被爆者のメッセージが強く深く響いているということ。辛いことだけど目をそらしてはいけない、という真剣なまなざしが証言者に注がれていました。涙ぐんでいる人もいました。ヒロシマの心は国籍を問わず届くのです。

感想用紙からいくつかのメッセージを紹介したいと思います。

(1) Very moving. So sad they are reluctant to tell their story for fear of discrimination. That never occured to me. I am an American HIBAKUSHA from 928 nuclear tests in Nevada. I had cancer and other diseases so did my friend and family. But we never felt discrimination. This is so sad to be victimized by the hatred bomb – an immoral terrorist act by US government – Then to be victimized by your own society.

(1) 大変感動しました。被爆者が差別を恐れて事実を話せなかったということを悲しく思います。私がそれを経験しなかったからです。私はネバダ州で行われた928回の核実験によるヒバクシャです。私や私の友人や家族は、癌やその他の病気を経験しました。しかし、差別を感じたことはありませんでした。アメリカ政府による非倫理的なテロ行為という憎しみの爆弾によって犠牲となり、さらに自分自身の属する社会によって犠牲になったことを大変悲しく思います。
続きを読む